HOME>COLUMNコラム>Information

芦屋のイタリア料理店

tel 0797-35-0847 open AM11:30~PM2:00 PM6:00~PM9:00 (L.O)

Information

7月2日(日)のお知らせ

本日7月2日(日)のディナーは、レストランスペースは特別料理のご予約で貸し切りとなっております。

それに伴い、夜のバール営業はカフェ営業のみとなっております。

ドルチェ、カフェ、ドリンク、お総菜などのご用意はありますが、パスタやメインのご用意は本日はありません。

 

勝手申しますが、よろしくお願いいたします。

6月17日、6月18日のバール営業についてのお知らせ 変更あり6/17

いつもありがとうございます。

 

6月18日(日)のランチタイム(11:00~)は、バールスペースもレストランスペースとして利用し、予約で満席となっております。

バール機能としましては両営業中はドルチェとご予約分の惣菜の販売のみになります)

状況に応じてバールを再開いたしますが、お電話でご確認いただいてからのご来店をお願いいたします。

なお、17日のディナーも同様のご案内をしておりましたが、キャンセルが出たため通常営業になっております。

 

不規則で申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

6月6日(火)7日(水)は連休です。

イベントがらみで5日(月)営業しますので、変則的に6日(火)7日(水)連休を頂きます。

 

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

5月7日のお知らせです。

G.W中は沢山のお客様にご来店頂きました!

ありがとうございます。

本日は誠に勝手ながら、レストランのラストオーダー20時、バールのクローズ21時30分と、少し早めにクローズさせて頂きます。

明日一日ゆっくり休んで火曜日から頑張ります!

よろしくお願い致します。

終わらないうちに、新作と今のおすすめいくつかご紹介。。。

2017420231244.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは少し前にお出ししてた、シェフのおすすめコースの魚料理です。

金目鯛の炙り焼き ノレソレのフリッタータとスペルト小麦の煮込み添え

超評判良かったですが、いかなご同様のれそれも今年は不漁で終了。来年にご期待!

 

2017420231551.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やや拡大で、、

見えますか?

新しく仲間入りしたあの超かっこいい生ハムスライサーは、無茶苦茶薄く切れます。

その無茶苦茶薄く切った生ハムを広げ、そこにタイのカルパッチョを乗せ、寝かせます。

ほんのり鯛から水分が抜け、なんとも見事に融合します。

そこにパプリカのマリネとハーブ2種を巻き込み、更に少し馴染ませます。

最後、竹島さんのむっちゃ美味しいモッツァレラとフルーツトマト、セロリとクルミのカプレーゼを合わせます。

当店の他のお料理同様、色んな食材を一緒にお召し上がりください。

こちらは8800円と10800円の」コースの前菜です。

見ての通り夜お出しするものを、朝から仕込みますので予約分しかありません。

アラカルトではお出ししておりませんのでご了承ください。

 

2017420232557.jpg2017420232628.jpg201742023272.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは九州のシルビオのエンドウ豆です。

もう美味しすぎて。。。

全コースでお出ししてます。(イカとかエンドウ豆がお苦手の場合は勿論変えます!)

ナポリ料理のコースでは乾麺で。

他のコースでは手打ちパスタでお出ししています。

こちらはアラカルトでもご用意できる日もあります。

 

201742023362.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ジラソーレ風サザツボと名付けました。

完璧に掃除して、苦い部分を外科手術のように完全に取り除いたサザエのつぼ焼き。

地鶏のコンソメで作っています。

評判良し!です。

10800円に時々入ります。

 

2017420234019.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

8800円のコースと10800円のコースの魚料理。

竹島さんのリコッタを詰めた舌平目のフリット ニラとドライポルチーニのソース 鳥取の原木椎茸のソテー添え

最近ニラをよく使います。

ニラ臭くなく、非常にエレガントかつ切れのある美味しいソースです。

 

2017420234349.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

手長タコの超高温グリル プンタレッラ添え

毎年大人気な手長タコ。まずはプンタレッラ添えからスタート。

こちらは全コースでお出ししてます。

 

2017420234837.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的に大好きな料理。

スルメイカとジャガイモとアーティコークの蒸し煮

まだちょっと時期がはやいけど、時々作ってます。

 

2017420235010.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

10800円の〆のお料理にリゾットにしたり。

 

2017420235121.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道の羊と羊のトリッパと白アスパラの煮込み 玉子とチーズ仕上げ

これも入荷のタイミングがあってトリッパお嫌いでない方の10800円のコースに入れてます。

一回の入荷で8人前位?ですかね。

優しくて滋味深い本当に美味しいスープが取れます。

トリッパお好きな方はご予約時にお知らせくださいませ。

タイミング合えば是非!

 

アラカルトを続けながら、コースは事前にお決め頂いてお任せのシステムにしてもうすぐ5か月。

ディナーに関しては、仕入れも仕込みも、営業中のオペレーションも劇的に良くなりました。

初めてでお任せに戸惑われるかたも多いので、今回のコラムはこのようなご案内の仕方をしてみました。

アラカルトは、ここでご案内しているお料理はほとんど被りません。

タコのマリネとか   

ナポリならではの惣菜とか                        

2017421033.jpg20174210454.JPG20174210530.jpg20174210624.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生ハムの王様クラテッロもあります!

 

20174210729.jpgカルボナーラとかボロネーゼのような皆様に愛させるお料理です。

 

コースの準備が必要な料理も、アラカルトのホッとする料理もどちらも大切にしています。

どちらも大切にしていてどちらも愛情込めて作っていますが、まったく別の物です。

どちらにご興味あるかご検討頂いて、お申し付けくださいね!