HOME>COLUMNコラム

芦屋のイタリア料理店

tel 0797-35-0847 open AM11:30~PM2:00 PM6:00~PM9:00 (L.O)

COLUMNコラム

ディナーメニューのマイナーチェンジしました!

大好きな春はもう背中も見えません。

どっぷり梅雨です。

今も昔も梅雨は大嫌いですが、案外梅雨こそ日本独自の季節というか四季プラス梅雨で五季だと思うようになりました。

梅の時期の雨と名付けた昔の日本人のセンスが好きです。

 

だいたい月一回メニューを変えます。

今回はメニューを変えて1ヶ月経ってませんが、あまりに気候が変わり僕の味覚も嗜好も変わりましたので料理も変えます。

食材もアサリ、ハマグリが終わってきました。

梅雨が明けたら明石のムール貝始めますが、もう少し待ちましょう。

その間アワビで前菜します。

カツオ、穴子は良いですね。続行します。

針イカもサイズが小さいものが中心になりました。

ならさっとグリルにします。

 

てな訳で、

ケンケンカツオのタルパッチョ スパイス胡瓜とトンナート添え

2019628183428.jpeg

はい、出ましたタルパッチョ。

カツオのカルパッチョにカツオのタルタルを乗せて一緒に召し上がって頂くと、ひと口でカツオ1/4匹食べたくらいの情報が口の中に溢れます。

しかもソースもカツオのオイル漬けから作るトンナートソース。

カツオをカツオで食す訳です。

良いカツオを使えば使うほど、口の中はカツオの良い情報で溢れ、飲み込む頃には生まれ変わったらカツオになってみたい…と思うかも知れません。

僕は最近マグロよりカツオの方が好きです。

 

穴子のフリットはもう少し続けます。(前回のコラム読んでくださいね)

そら豆の部分がオクラになります。

201962619443.jpeg

毎回コースに必ずスープ的な料理を組み込みます。

素材の固体としての美味しさは(最後の美味しさは咀嚼によって引き出されると定義してます)、生なり焼くなり揚げるなり蒸すなりしますが、液体を介した美味しさ、出汁の美味しさも大好きです。

コンソメ的なスープの時もありますしイタリアらしい具沢山なズッパな時もあります。

今回はアワビ料理をスープ仕立てで。

201962619525.jpeg

アワビのアッラギョッタ 椎茸とカリアータと海苔のズッパ仕立て

 

アッラギョッタはイタリア ウンブリア州の有名な鳩料理です。

暖炉で鳩を焼き、その滴る焼き汁を受け皿に溜めてそこに鳩のレバーを溶き混ぜソースにします。

これはその料理のアワビバージョン。

 

当然アワビは最近導入した薪の熾火で焼きます。

https://youtu.be/dVaRfiroYd0

このメラメラしてるのずーっと見とけます。

はい、僕ら火遊びしてお金いただいてます笑

201962622399.jpeg

アワビを焼きながら鮑の肝で作ったソースを厚塗りしていきます。

2019626224037.jpeg

2019626224210.jpeg

このアワビを、椎茸とカリアータ(自家製チーズを作る時に最初に凝乳酵素が効いて、牛乳が固まったばかりの物。ミルキーなお豆腐みたい)のスープに、明石の海苔のソースをたっぷりかけて合わせます。

 

2019626224814.jpeg

最後の前菜は噂の神経〆針イカをサッとグリルしサラダ仕立てにしてます。

非常にシンプルですが、驚異的な火入れだと自負してます。

鉄板が融解するんちゃうかと心配になるくらい焼き込んだグリルパンで、瞬時に焼きます。

瞬時に焼きますが、焼きたい面、焼きたくない面、ちっとだけ良く焼きたい部位やその逆もありますので、左手の指でツンツン触りながら右手は超高速でひっくり返します。

その手先の動きはリストのラ カンパネッラを弾くピアニストの指並みの運動量です。イカ焼いてる間はスタッフに呼ばれても返事しません。息止めてますから笑

 

そしてパスタ料理では夏のスペシャリテのこちら

201962623553.jpeg

鮎とピスタッチオのスパゲッティ

イタリア修行から戻り、ジラソーレをオープンした頃は鮎とか鱧とか全否定してました。17年も前の事です笑。

イタリア料理店が使うべき食材じゃ無いというか、言葉を選ばずに発言すると邪道だと思っていました。

勿論使った事ないのに全否定した訳でなく、それなりに色々試してみました。

あまりにも日本的なイメージの食材である事は別にして、オリーブオイルとの相性がイマイチ。

特に生のオリーブオイルを仕上げに掛けるのはご法度だと思ってます。

日本にはオリーブオイル信仰が根付いてますので(その恩恵にも預かっていますが笑)、オリーブオイルは万能だと思われがちですが、僕は常に疑って掛かります。

個性、風味が強い。そしてある意味使うと何となく美味しくなる。

…つまりは万能なのか。

でもポン酢みたいになって欲しくないんです。

ポン酢は美味しすぎる、悪魔の調味料です笑

 

話が逸れましたが、オリーブオイルは時々食材の繊細な風味を消してしまいます。

だから若い頃はオリーブオイルに合わない食材を避けて来ましたが、流石に良いおっさんになって肩の力が抜けてくると、オリーブオイルに執着しなくなります。

 

自由を手に入れる方法。

1、手に入れたい自由と同じ比重か、それよりちょっとたくさんの責任をもつ。

2、執着するのを止める。

 

人生上手い事出来てます。

若いうちに2、の方法で自由を手に入れると、自由である事以外殆ど何も手に入りません。

30代一杯、40半ばまでは1、の方法で有限の自由を勝ち取るのが面白い。

最近時々思います。

もっと美味しい物を作るには、まだ表現しきれていない僕の頭の中にあるモヤモヤした“美味しさ”をカタチにするには、イタリア料理から自由にならないといけないかも知れない。

そしてその想いは年々強くなるのでなく、年々明確になっています。

イタリア料理から自由になるのが目的ではないんです。

より美味しい、もう少し具体的に言うとよりクリアで素材の純度が高い料理がしたいと強く思います。

イタリア料理はそもそも素材の味をクリアに引き出し、調理する事で素材の純度を高める事に長けている料理だと思います。

ですので、まずはその方法論の中で徹底的に純度を上げて行く努力をします。

そこに限界なんか無いのでしょうが、同時にオリーブオイルがその素材の邪魔をしてると感じた時、オリーブオイルを使わない自由を手に入れたイタリア料理の料理人だけが次世代に続く、地に足がついた新しいイタリア料理を開拓出来ると信じています。

 

偉そうな事を長々と書きましたが、この鮎のパスタにはオリーブオイル使ってます!笑

リスペクトしつつ執着しなくなると、より表現がダイナミックになります、というとカッコつけすぎかな?

 

そしてメインの新作!!!

2019626231120.jpeg

夏鹿の炭&薪焼き 松の実とアンチョビのソース

 

日頃から兵庫県ラヴをアピールしてる割には、瀬戸内側でチョロチョロしてる自分に喝を入れ、今年から山側にも進出してます。

ナポリも海のイメージが強いですが、アヴェッリーノやベネベントといった山間の地域もあり、山里の料理も豊富ですからね。

しかも兵庫県は北に突き抜けると日本海もある!

今年は兵庫県縦断しまくります。

そんな中、偶然但馬の本州鹿専門の若い猟師と出会い、早速鹿肉を送っていただきました。

うん、丁度良い。

全てが丁度良い。

鮮度が抜群で血抜きも完璧。

なんの欠点も不安もない食材。素晴らしい。

こんな素材には凄く大胆になれます。

2019626232113.jpeg

骨と筋で出汁を取ると、その素材の個性が一番よく分かります。

この鹿の場合、香りの特徴はナッティ。

そこからソースの仕上げや付け合わせのイメージを固めます。

今回は松の実とアンチョビで仕上げます!

そして最近ハマりまくってる薪と非常に相性が良い。

熾火の強火の超遠火で骨側から40分くらい温めるように焼き、仕上げは新しい薪をくべ、少し炎と煙に当てます。

マジで艶めかしいですよ。

ジビエなので絶対毎日あるか分かりませんが、メニューで見かけたら是非。

 

ところでこの薪と備長炭を組み合わせた熱源は、本当に楽しい。

備長炭は17年間向き合って来て大好きですし、得意だと思ってましたが、ここに薪を混ぜる事によって非常に表現の幅が広がりました。

最近気に入って使ってる丹波の赤鶏

2019626233244.jpeg

デカイでしょ笑

2019626233353.jpeg

カンティーナのアラカルトでもお出ししてますが、薪&炭火焼にしてからとんでもなく美味しいです。

 

そして往年のテーマ料理、仔豚のロースト

https://youtu.be/nxxVsRdftaA

オーブンで8割程焼きますが、仕上げをこのように皮に炎が届くか届かないかくらいでチリチリさせてやると、そりゃもうタマラン仕上がりになります。

 

こんな感じで僕の信じる“美味しさ”に近づくうちに、トマトもオリーブオイルも必然では無くなってきたし、逆にこんな風に超原始的な熱源に立ち返ることも躊躇しなくなりました。

 

オステリアのディナーコースは、料理人杉原カズヨシの今を味わって頂きます。

ペアリングのワインが6種類から7種類に!

こんばんは!ソムリエ湯浅です。

今日のコラムはタイトルのとおり、ワインペアリングのワインが

6種類から7種類に増えました!というご案内です。

もちろんお値段そのままです!

 

どう言う事かと申しますと、お飲み頂くワインの総量は6種類の時から変わりません。

1杯当たりの量を少し調節し、7種類楽しんで頂ける様になった訳です。

 

増えた1種類は、最初の1杯目の食前酒としてスパークリングワインをお選び頂くか、食後の甘いデザートワインを楽しむかお選び頂けます。

 

食前酒もペアリングに組み込める様になりましたので、一番最初のお飲み物をご注文の際にさりげなくワインペアリングのご案内をさせて頂く機会が増えるかと思います。

 

ご興味ある方は、お得で楽しい内容だと思いますので是非お試しくださいませ。

 

ジラソーレ夏の名物、鮎とピスタッチオのスパゲッティが始まるようです。

あっと驚くマリアージュのご提案をご用意してお待ちしてます。

 

 

 

 

 

 

 

和カンノーロがあの雑誌に掲載されました!

ジラソーレ 、料理雑誌に掲載されることは多々ありましたが、今回女性セブンさん(先週号)でお茶スイーツ特集にて和カンノーロが初雑誌デビューしました〜paperpaper!!

201968155914.jpeg

推薦頂いたのは美人日本茶鑑定士、田村千夏さん。
(日本茶鑑定士、女性はたった2人しかいない内のお一人shineなんです。)
美味しいお茶に興味のある方は、尼崎にある「茶カフェ&ダイニング桜里」までぜひnote=


~~イタリアで修行したパティシエが作る逆輸入抹茶スイーツ~~
なんて素敵にまとめて頂いてます〜

流石、ジラソーレマニアの方々はいち早く噂を嗅ぎつけて続々テイクアウト頂いてます!
どんなもんや?

やっぱりカンノーロはオレンジピールとチョコのあれやないと〜
いや、私はこっちも好き〜
色々言いながら食べてもらってますhappy02

このおかげかプレーンタイプのカンノーロもご注文がちょこちょこ増えてます。
ありがとうございますheart01

毎日カンノーロ揚げすぎて、ジラソーレの向かいの公園のあれ、なんかカンノーロに見えてきました。
201968155816.jpeg
これです、これ。ほら。
201968155845.jpeg
いつか、宮塚公園からカンノーロ公園って言われるようになるまで揚げ続けます!!

話が逸れましたが、ご希望でしたら発送も受け付けております。
ただ今発送会社と色々話を進めてもっとスムーズに受付できるように。と思っているところです。
HPも更新し、ショッピングのページも充実させていきますね〜

 

急に暑くなりましたね!ディナーコースのメニューも変わりました。

最近PCとHP更新ソフトをパティシエとソムリエに占拠され、中々コラムが書けませんでした!笑

嘘です。

スタッフが急に増え沢山の恩恵がありますが、当然その分新しい課題が出てきたり、違う工夫が必要になります。

時間しか解決できない部分もありますが、しっかりした作戦を立てとかないと時間だけが過ぎていきますので、色々作戦を立てていました。

 

人手が足らないときは全く手が止めれず、ずーっと頭を働かせていてもやはり思考の限界がありますし、試したいアイディアが出ても結局手が足りず半分くらいは試せないまま。。。

やっと心と頭に余裕が少しできましたので、この数年の課題を順次解決しながら更に魅力的な店にしていくつもりです。

この、’’更に魅力的な店’’とは僕が行きたくなる、通いつめたくなる理想の店です。

この通いつめたくなる、というのもポイントで、28才で独立してから今までディナーコースの値段を殆ど変えていません。

毎月メニューを変える以上、毎月通ってくださる方が多いに越したことはありません。

 

8500円という金額はもちろん安いとも思いませんが、コスパが悪いとも思っていません。

ジラソーレ行ったことがある、で終わらずリピートして頂ける内容とお値段のバランスを塾考して決めました。

上質な物をお出しするお約束のお値段だと思っています。

 

あまり金額の事を書きませんが、今回なぜこの流れになったかというと、今月のメニューに珍しくメインディッシュにプラス料金の物が2つありまして、その分選択肢を4つに増やしプラス料金が掛からない物の中でも選択肢があるようにしていますが、皆様の反応がどうかな?と様子を見ているところです。

 

前菜とパスタは、イワシも使えばアワビも使うという感じでやりくりすれば予算内で折り合いは大体つきます。

今回のメインはそういった意味で折り合いが付きません笑

 

仔羊写真

201962221132.jpeg

201962221419.jpeg

北海道産の仔羊

本当は神様に感謝しないといけない位恵まれた環境なんだと思います。

一昨年くらいからフランス産の仔羊が再び輸入されているんですから。

多分15、6年輸入止まってたと思いますよ。

あんなに待ち焦がれていたのに、久しぶりの再会で身を焦がす程恋に落ちるかと思っていましたが、案外ぐっと来ませんでした。

勿論上質で美味しいのは間違いないのですが、なんかそれ以上が無い、と言いますか。優等生すぎるのかな。。。

 

対してこちらの北海道産の仔羊。

仔羊のサイズ超えてホゲットですね。

このサイズが半頭で来ると、人手が無い時は大変です。

フランスの仔羊はかなり小さいので、半頭で来ても解体もチョチョイのチョイですし、モモも肩もそんなに固くないので全身普通に焼けます。

 

しかし、北海道産のこのサイズになると部位ごとに料理を変える必要があります。

それが自然なんですけどね。

今回もこの半頭で7種くらいの料理をします。

手間は掛かりますがやっぱり楽しいですし、何より自然です。

そして超新鮮な状態で届き、肉が解れた所から部位に見合った料理をする。

 

殆どの野菜を農家から直接買う様になって久しいですが、納品されてもまだ野菜が生きているんです。

魚介類もそう。

神経〆という特殊な締め方を施した魚介は、生命を絶たれた後も筋肉(いわゆる可食部)は絶命した事に気付いていません。

そしてこれらの魚介類は、全く魚臭くありません。

だから思い切り大胆に、魚を丸ごと使いきれます。

そして思いっきり大胆な火入れが出来ます。

魚種毎の可能性を繊細に探り続けると、気がつけば何処にもない新しい料理が沢山生まれました。

それら魚介類の可能性✖️季節の野菜のバリエーションで更に沢山の料理と出会いました。

それにひきかえ、肉類はどうなんでしょう。

豚肉は魚並みの仕入れ先が開業時からありますので、全身くまなく内臓も一式料理します。

年々内臓系の料理はしなくなりましたが、それは僕も年齢を重ね単純に昔ほど内臓系を体が、味覚が求めていないからでしょう。

でも思いっきり向き合ったお陰で、豚の可能性はかなり多角的に見れたと思います。

そんな経験を牛や羊でも積み重ねていきたい。

強くそう思うようになりました。

ロースやヒレや背肉ばっかり料理してても、楽で美味しいですがその先にたどり着けません。

今までも何度か国産の仔羊を使って来ましたが、‘’本当に仔羊を理解する‘’という第一歩を踏み出しました。

201964193850.jpeg

ディナーコースのメインの仔羊ロースの炭火ロースト

201964194510.jpeg

首とか焼きにくい部位は煮込むと美味い!

仔羊とえんどう豆の煮込みのフジッリ カチョエウオーヴォ

卵とチーズで仕上げる料理でカルボナーラっぽい仕上がりです。

チーズを詰めた仔羊のカツレツも大人気!

これらはカンティーナのアラカルトです。

 

写真無いですが、お昼の6000円のコースの前菜で温かい仔羊のカルパッチョもお出ししてます。

 

この次はすね肉で濃厚な酸っぱくて辛いスープ、肩肉でパプリカと煮込み、仔羊のサルシッチャなんかを予定してます。

ね?楽しそうでしょ??

 

牛肉写真

201962234433.jpeg

実は牛肉が一番の悩みです。

基本的に肉類は見て買えません。

業者さん任せな所があります。

そして納品されたものが気に入らなくても中々交換してくれません。

腐ってるとかは別でしょうけど笑

最近、長年付き合ってきた和牛の会社とは決別しました。

あんまり仕入先を変えない分、新しい仕入先を決めるのに色んな所から牛肉買いまくり!

ついでに色んな部位試しまくり!

調子乗ってホルモン買ったり、油かすまで使い出しました。(前回のサワラ料理)

意識が変わるだけでこんなにも自由な料理が生まれるからこの仕事は最高です。

こんな感じで絶賛一人牛祭り開催しております。

で、どうせなら牛肉の最高峰も試しちゃえ!と先日TVにも出てた滋賀県のサカエヤ精肉店さんの近江牛、そして熟成近江牛も試そう!と自らお店まで買いに行ってきました。

見て買うの楽しい❣️

それがこちらのお肉。

近江牛モモ(写真下段)

熟成近江牛リブロース(写真上段左)

そして近江牛ではありませんが、経産牛リブロース。

どうせなら牛肉3種食べ比べにしてしまえ!

 

201964191052.jpeg

と、メニューに乗せてみました。

メニューにはサカエヤさんのお肉とは書きませんでしたが、アンテナの高いお客さんはこれ、サカエヤさん?と聞いてこられたのでビックリ!

お味は勿論言うこと無しでした。

今回1.5キロお肉を買いましたが、すぐに売り切れました。

今回はお試しで継続的にする予定はありませんが、牛肉の一つの最高峰が見れて良かったです。

そして一つの最高峰を見たお陰で、自分が探している牛肉のイメージがより明確に定まりました。

すぐ見つかるか分かりませんが、しばらく牛肉探しの旅に出ています。

ちなみにプラス料金かからないメインこそ、手を抜きません!

豚コレラのせいで入荷が止まっていた国産の皮付き仔豚のロースト。

ご存知かと思いますが、僕が一番愛するメイン料理は仔豚の丸焼きです。

丸焼きの一部を切り取ったイメージで丁寧に焼きます。

201964203145.jpeg

写真は2年前の15周年パーティで焼いた半丸。もうすぐ17周年…

 

もう一つは写真無しですが、丹波赤鶏の炭火焼き。

今更ですが鳥も奥深いですね…

 

とまあ、メインディッシュからのお話になりましたが、勿論前菜も全部変わってます。

 

https://youtu.be/BKS-j4vFNBk

なははは~ユーチューブデビューしました笑。

毎朝神経〆してくれる針イカです。

動くし透明です。

長いこと扱っていて当たり前になってました。

すみません。

新しく入ったイタリア人コックのマルコが針イカの掃除をしながら、毎回ハアハア興奮するので

『どうしたん?イカ嫌いか?』と聞くと

『シェフ、これが噂のIKEJIMEですね!僕の手の中でピクピクシマース❣️』

と大はしゃぎ。

他の白身も今ならカツオも、イタリアでは見たことないクオリティーだと大興奮。

トッレデルサラチーノも超新鮮な魚介が届きますが、何か違う。

これが噂の日本の活け締め技術なのかと思い知りました、と。

へー。

またも自分がいかに恵まれているか、忘れ去っていました。

こんな良いイカ平気でガンガン煮込んで勿体ない、とは思いませんが、

このイカでしか出来ない料理もしなくっちゃ!

という訳で

201964212714.jpeg

じゃーん

針イカのカルパッチョ 黒ウニ添え イカスミのドレッシング

イメージはクリスト ヴェラート(ヴェールに包まれたキリスト)、、怒られるか笑

201964213211.jpeg

ナポリにあるサン セヴェーロ礼拝堂にある彫刻です。

これ、一枚の大理石から掘り出した作品です。

1752年の作品ですから、最新のテクノロジーも一切なし。

ノミとハンマーだけって事はないでしょうが、いずれにせよ人の手で作られています。

 

極薄にそしてかなり幅広に切ったイカのカルパッチョの下には、初夏の訪れを思わすパプリカのマリネと、過ぎ去る春の玉ねぎのマリネ。

玉ねぎは仕事してます。

201964215217.jpeg

玉ねぎは皮付きで数時間ロースト。

その際粗塩を下に敷いて焼きます。

すると玉ねぎの焼き汁と粗塩が混ざった、玉ねぎ味の醤油の様な液体が出来ます。

皮を剥くと、意外に色白な玉ねぎが肌を見せてくれます。

この玉ねぎをこの玉ねぎ醤油で味付けする訳ですな。

そして生のイカスミが入ったソース。

仕上げにパプリカを乾燥させたパウダー。

それぞれの素材の表面と内面を盛り込んでみました。

 

https://youtu.be/I9qgJPs7Ooo

だいぶんやり方分かってきましたよ!

201964221649.jpeg

活け締め見たいとのリクエストで魚屋見学。朝4時。

手前ポール(大阪交野出身)

奥 マルコ(イタリア カラブリア出身)

パティシエは朝が弱いので欠席。

ソムリエはタコの水槽にかぶりつき。

201964221913.jpeg

フリットにする穴子も神経〆

それよりこの料理15年位作ってますが、15年ぶりにソースが変わりました。

そら豆の酸味のあるソースです。

めちゃ気に入りました。多分5年は変えないでしょう。

 

201964222238.jpeg

 

こちらもこの数年の鉄板、特大ハマグリ(1個130g)を生のままこじ開け、ステーキの様に焼きます。

ハマグリのビステッカ。

繊細で大胆でしょ?笑

横にいるのが舌平目のサルティンボッカ。

サルティンボッカもイタリア料理の超メジャーな肉料理。

仔牛にセージと生ハムのスライスを貼り付けてソテーする料理です。

しかし、美味いと思った事がない!

淡白な仔牛に生ハムの旨味をプラスするのは理にかなってますが、だいたい生ハムがカピカピに焼けて非常に塩辛く、ただ邪魔な存在でしかないのが常…。

それならっと、舌平目に横向きに切れ目を入れ、開いたところに生ハムを挟む作戦。これなら生ハムの旨味とちょうど良い塩気が間接的に効いて来ます。

あー、スッキリした。

 

そして前菜4品目

201964223259.jpeg

急に蒸し暑い日が続きだしたので、ここで冷たいスープ仕立ての前菜。

カツオとトマトの冷たいスープ仕立て

カツオの4つの表情とトマトの3つの表情が冷ややかに折り重なります。

説明はあまりに長くなりますので割愛!

 

パスタはアワビがタリオリーニからリングイネになり、往年のスペシャリテ

アワビとどんこ椎茸のリングイネになってるのと、

新作

201964223818.jpeg

本日入荷の海老(だいたい足赤海老とかわつ海老のミックス)とヘーゼルナッツとルーコラのフィレイア

これは濃厚海老ソースではなく、あっさり海老とオリーヴソースにヘーゼルナッツとルーコラがアクセントで効いてます。

フィレイアはカラブリア州の手打ちパスタ。

カラブリア出身のマルコにカラブリアのパスタを教えてるのはなんか不思議。

発音はちょっと直されましたが笑。

 

そして最後もう一品

201964225019.jpeg

The あさりのスパゲッティ

ザじゃなくて、ジねジ。

ジ アルフィーのジ。

多分100万回くらい言ってますが、パスタ料理で最も難しいひとつにアサリのスパゲッティがあります。

もう難し過ぎて17年間でメニューに載せたの5回ないくらい。

しかも初めの3年位でその5回したのではないでしょうか。

15年近く逃げてました。

作業的にはシンプルですよ。一見。

でもとてつもなく難しい。

まず、アサリの味であまりにも出来上がりが左右される。

当然塩なんて足しませんし、あわよくば塩を全く入れてなくても味が濃くなりすぎる。

じゃあ、アサリの量を減らすと出汁的な旨さも減る。

そしてそもそもアサリの出汁はお節介気味に旨すぎる。

だからパスタを和える時、混ぜすぎもナンセンス。

上手く言えないけどナンセンス。

ギザギザとトロンを両立させないと、本当のアサリらしさを感じない。

この自分の中のよく分からない高いハードルが、今なら飛びこせる気がしました。

カモメのジョナサンが脳裏に浮かびました。

よし、飛んでみよう。

簡単に言うとアサリは産地と大きさで、大きく味が変わります。

大きさは意外かも知れませんが、小ぶりの方が旨味(甘み)の強い出汁が出ます。

当然、身自体はデカイ方が、自分が出す出汁に負けない力があります。

色んな特徴と問題を整理して、敢えてサイズの異なるアサリを仕入れ、サイズごとにアサリの砂抜き時の塩分濃度を変えます。

当然サイズごとに鍋に投入するタイミングも変え、それぞれに意味のある加熱をし、塩はおろかワインも余計な水分も足さず、オイルとニンニクとパセリとコショウのみ。

1人前なら和える時間は数秒。

我ながら本当にイメージ通りのアサリのスパゲッティが出来ました。

そして毎回味がブレない。

苦手を克服しました。

 

料理の技術、工夫にはまだまだ人の手で向上すると確信しました。

今や厨房にも最新のテクノロジーは珍しく無くなって来てます。

が、そのテクノロジーを使い、仕込んで冷凍した高級料理を堂々と世に出し、またそれを有り難がる消費者がいるのを見ると、料理はまた芸術から遠のいたなと思います。

華やかな盛り付けがアートなのでしょうか?

アーティスティックな盛り付けがアートなんでしょうか?

結構簡単ですよ。

 

難しいのは仕切りのないお重に詰めるおせち。

素人には出来ません。

 

先ほどのクリスト ヴェラートもモチーフとしては、よくあります。

決して奇抜でもなければ、過度な装飾がある訳ではありません。

全てが自然で必然なのでしょう。

 

人手が増え、より深く考察できる今、

神は細部に宿る

この言葉を一番大切にしようと思っています。