HOME>COLUMNコラム>o'capitone! ナポリのクリスマスは大鰻ぃ~

芦屋のイタリア料理店

tel 0797-35-0847 open AM11:30~PM2:00 PM6:00~PM9:00 (L.O)
COLUMNコラム

o'capitone! ナポリのクリスマスは大鰻ぃ~

タイトル通り、

こんな食材を仕入れました!

 

20191218124659.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

海鰻です。

デカいです!

滅多に出会えません!

めっさ高いです!!!

 

ナポリのクリスマスと言えば、バッカラ(干し鱈)カピトーネ(大鰻)、ひね鶏と青菜のスープ。。。

一見地味に見えますが、日本で再現しようとするとめちゃくちゃ高く付きます。

あまりの費用対効果の悪さから中々メニュー化しませんが、魚屋からのメールで大鰻ゲットの連絡が。。。

クリスマス直前で、ちょっとお席に余裕がある日に買っちゃいました。

イタリアのカピトーネ(大鰻)と海鰻は厳密には同じモノじゃありません。

カピトーネはヨーロッパ鰻のメスのはず。。

 

 

折角ですので、海鰻を掘り下げて調べた事がなかったので、この機会に調べてみました。

 

 

【海鰻とは?】と、検索しましたら、海鰻の説明が3つすぐ出てきました。

①穴子の別の漢字“海での表現が“海鰻”と書く。

②【海鰻】の意味→  “体型が鰻に似て細長い、ウミヘビ・アナゴ・ウツボなどの俗称のこと”

と、Web検索で出てきたものですから、少し混乱しました。

もちろん、

③海で育った鰻も出てきました!

 

 

 

念のために、『海鰻は、海で獲れた鰻ですか?』と、質問しましたら、

そうです!とのお返事、

 

 

 

正真正銘、海で育った【海鰻】を入荷しております!

 

 

私たちが普段口にしている鰻は、生涯、川の淡水で生きるいわゆる川鰻です。

天然もありますが、ほぼ養殖です。

 

今回の海鰻は、川には上らず海に生きる鰻です。

海に生きる男みたいですね。

だんだん加山雄三に見えてきました。

船が燃えちゃって落ち込んでましたが、元気ですかね?

 

 

海で色々な魚を食べて育つ鰻は、見た目にも触っても

はち切れそうにムチムチしてて美味しそうです。

2019121812485.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、海老やシャコなども食べて育つようです。

はっきり言ってジビエですね。海ジビエ。

思いっきり

ジビエのように料理してみます。

 

この海鰻を、鰻の頭や骨を煮出した赤ワインのソースでお召し上がり頂きます。

トリュフやフォアグラのトッピングも出来ます!

ややしっかりめの赤ワインと楽しまれてはいかがでしょうか?

 

では、ご予約をお待ちいたしております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-girasole.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/325