HOME>COLUMNコラム>!!!カンパーニャ産(ナポリ産)黒トリュフ!!!とランチ速報

芦屋のイタリア料理とイタリアワインのお店

tel 0797-35-0847 open AM11:30~PM2:00 PM6:00~PM9:00 (L.O)
COLUMNコラム

!!!カンパーニャ産(ナポリ産)黒トリュフ!!!とランチ速報

南イタリアとかナポリの料理というと、ニンニクが効いてるとか全部トマトソースとか、鰯とかマグロとか、あまり山の料理のイメージはないと思いますが、カンパーニャ州でもポルチーニ、トリュフありますよ!

特にバンニョリイルピニアというところは、黒トリュフが有名でトリュフ祭りもあります。

 

南イタリアだけで修行しようと決めてから、時間があるとき、特に秋冬は山間の方によく行きました。

真冬には氷が張る湖なんかもありまして、その湖の近くには、ポルチーニ、トリュフをはじめとしたきのこ料理専門店なんかもありました。

前菜からメインまでずーっとトリュフ尽くしでも、料理代一人5000円くらいでした笑

そこに行くのにタクシー代が3倍くらい掛かりましたけど。。。

カンパーニャ産のトリュフは香りに特徴があり、鉄分の香りがします。

そうなると、合わせる食材も鉄分のあるものがよりよく合いますし、アリアニコとの相性も抜群です。

 

今回、なんと日本にナポリ産のトリュフが入荷と聞きつけ、飛びつきました!201711190827.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃーん!

懐かしい。。。

Avellinoの香りやーと思ってたら、カンパーニャ産だけど僕が思っていた産地ではなく、カセルタ、モリーゼ、ベネベントの間だそうです。

へー、その辺もトリュフ取れるんや。

でも、アヴェッリーノのと香の特徴も似てます。

 

という訳で201711190130.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿のラグーの手打ちパッケリに合わせました!

くーって感じです!

秋刀魚のパスタの方は、中部イタリアのトリュフを使ってます。

つまり産地の違うトリュフ2種の使い分け。。。

贅沢ですね!

凄い時代になりました。

 

そしてこのトリュフ、鮮度の良さも手伝い、香りが強い!

少量で効きます。

 

という事で、思い切ってランチでも使っていまーす!!!!!

 

2017111901733.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

極み豚のソテー アンチョビとトリュフのソース!!!

3900円のコースのメインです。

 

201711190259.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに3900円のコースの温前菜はトラパニ風クスクス

秋刀魚のミートボールも入っています。

 

我ながら頑張っています。

どちらも今月いっぱいあるかないかってとこです。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-girasole.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/239