HOME>COLUMNコラム>魅惑の揚げシューゼッポレ~Zeppole di San Giuseppe~

芦屋のイタリア料理とイタリアワインのお店

tel 0797-35-0847 open AM11:30~PM2:00 PM6:00~PM9:00 (L.O)
COLUMNコラム

魅惑の揚げシューゼッポレ~Zeppole di San Giuseppe~

さてさて~もうあっという間に春ですね!

パティシエ藤本です。

突然ですが、毎年この時期ナポリで必ず食べるお菓子な~んだ!!

 

2017310191054.JPG

 

 

 

ドドン!!

ゼッポレ ディ サンジュゼッペ

そうです!ジラソーレでも毎年3月19日に合わせて期間限定でお出ししている揚げシューです!

 

 

なぜ3月19日なのか、

3月19日はイエス・キリストの養父、聖ジュゼッペ(ヨセフ)の誕生をお祝いする日なのです。

この日はイタリアの父の日と呼ばれていて、日本と同じようにお父さんに感謝する祝日とされています。

 

私が一番初めにイタリアにホームステイに行った時(もう6年前!?)も丁度この時期で、

街で一番有名なケーキ屋さんに連れて行ってもらったのをよく覚えています^^

 

2017310191221.JPG

 

 

 

私の携帯に唯一残っていたその時の写真。ホームステイ先の息子さん、待ちきれなくてつまみ食いしようとしている一枚。

 

最近はイタリアも健康志向により揚げシューではなく焼きシューのゼッポレもたくさん出回っているけど、この昔ながらの揚げシューのゼッポレこそが本物よ、とっても美味しいでしょ?と当時マンマが言っていました、

(イタリア語よくわかっていなかったのでタブンそんな感じの事言ってました)

 

 

まあ実を言うと私の数少ない(?)苦手なお菓子なんです、これ。

食べるのじゃないですよ!私、甘いものなら、粉糖かかっていたら大抵のものは美味しい美味しい言います。

これ、シュー生地を油の中に優しーく入れて泡がプツプツするくらいの低温からじーっくり時間をかけて揚げてやるとブワアアァと綺麗なバラのようになって、

ビックリするくらいサックリ軽~く仕上がるんです。

かなりセッカチな(それだけが理由ではないのですが)私はどうしても何回やっても思った形にできなくて毎年半泣き、半ギレ?になりながら作っていました。

 

ですが、人間って成長するもんですね、自分なりに方法を変えたり工夫したりして、3年目にしてやっと形、食感ともに納得のいくゼッポレが作れるようになりました~~!

わーい!わーい!

という事で皆様、期間限定です!しかも私の作るゼッポレは今年しか食べられませんよ~!

興味を持っていただいた方、是非是非ジラソーレまで!

 

テイクアウトは勿論!カフェのご利用でKIMBOの美味しいコーヒーと一緒にでも良いですね^^

もう少し暖かくなってきたらテラスもおススメです!

お待ちしてまーす!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-girasole.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/200