HOME>COLUMNコラム>Information>ジラソーレが和菓子を作る日が来るなんて、、、(新作ドルチェのご案内~)

芦屋のイタリア料理店

tel 0797-35-0847 open AM11:30~PM2:00 PM6:00~PM9:00 (L.O)
Information

ジラソーレが和菓子を作る日が来るなんて、、、(新作ドルチェのご案内~)

皆様こんにちは!

パティシエ藤本です!

もうすっかり夏ですね~sunsun!パスタボイラーの熱気とシェフ杉原の熱気で厨房内は夏先取り!暑っいですfuji

 

そんなこと良いから藤本さんそろそろショーケースのケーキなんか増やして~

っとそこのあなた!分かっていますよ~!

じゃん!

20195171988.jpeg

 

こんなの出来ました~!!

完全見た目和菓子ですが、違います、“和ドルチェ”です!

これはジラソーレがcherryblossomcherryblossomなはず、、、

私がイタリアから帰ってきてもう1カ月半、、、前の桜餅のコラムにも書きましたが、私のイタリアでの修行先、トッレデルサラチーノでもかなり日本の食材、テクニックがイタリア料理に組み込まれていました。

例えばカルパッチョに醤油ベースのソースや、ポン酢のジュレ

ウナギを蒲焼きの様に味付けしパスタと合わせたり、

ドルチェでも柚子としょうがのソルベをキャラメルのムースに合わせたり、、、

前菜に茶碗蒸しをしてた時期もありました。

どれも結構うまく融合してるんですよね。ちぐはぐな感じがないというか。

 

私がまだイタリアにいるころ、イタリアマニアでジラソーレマニアな農家さん(ホントに野菜美味しいです。同じ何かを作る立場の人間としてパッションを感じます。勿論ジラソーレで沢山その野菜食べれます。)から一通メールを頂きました。

【⋯ふじもっちゃんがイタリア行ってから杉原シェフの作るお菓子さらに進化したよ。

なんかイタリア菓子っていうよりも和菓子な要素足した感じ⋯】

その時は( ´_ゝ`)フーン な感じでしたけど、イタリア料理、イタリア菓子を一年現地で見て感じ、また帰ってきて原点を見つめ直したとき何となく何を伝えたかったのかが分かり、新たな可能性を見つけたのです。

、、、って、そんなことは置いといて、商品の説明しますね

Cannolo te' "MATCHA”  "和カンノーロ” です!

皆様ジラソーレマニアにはもうおなじみのカンノーロに抹茶クリームを詰めました!

ただの抹茶クリームではありません!リコッタチーズベースとホワイトチョコベースの2種類のクリームを丁寧に層にして詰めています。

抹茶は尼崎の甘露園の上質な宇治抹茶だけを使用。

アクセントに丹波の黒煮豆もトッピング

両端につけたお茶っ葉がさらに抹茶を引き立てます。

余計な物は一切省いた、シンプルながら贅沢な和ドルチェです。

 

実は今日から販売しております。

がこちら、お持ち帰り専用商品となっております。

私、基本ジラソーレのドルチェはここですぐ召し上がってもらうのが一番美味しいと思っているのですが

お家でじっくり味わって頂くのも良いかなと。こんなドルチェあってもいいかなあと。

カンノーロのプレーンタイプと同様にギフト対応もしています!

ちょっとリボンも雰囲気変えてみました。ジラソーレっぽくないでしょ?

201951719261.jpegご希望があれば発送も承っております。

 

がジラソーレ。お菓子、頑張ってますが、普通のレストラン。今まで発送なんてほぼやってなかった。。。

どうしたらもっとお手軽に遠くのお客様にお届け出来るか考え中です。

もう少ししたら、発送も沢山受付できるようになりますので、

少々お待ちを~

 

 

ちなみに和カンノーロ期間限定です!

いつまでやるかわかりません!

皆様に気に入って頂けたら通年やるかも。。。